ウィンブルドンのライバル対決!ステファン・エドバーグVSボリス・ベッカー

テニス

今から約30年前のお話。

昨年までフェデラーのコーチを務めていた、ステファン・エドバーグと、
ジョコビッチのコーチを務めているボリス・ベッカーの試合が
印象的で忘れられない!と熱心に話してくれたお友達のお話を紹介したいと思います。

 

印象的なウィンブルドンの決勝!

 
tennis-ball

 
ウインブルドンで一番印象に残っているのは、
1988年から3年連続で決勝で顔を合わせた、
エドバーグとベッカーのライバル対決です。

 
1985年に大会史上最年少で優勝し、
翌年も当時のランキング1位のレンドルを破り、
2連覇を達成と、当時もはや芝の王者の風格も漂うベッカー。

そんなベッカーに、華麗なサーブアンドボレーで
芝の貴公子とも呼ばれたエドバーグが挑む図式となったこの顔合わせです。

 
1988年の決勝の試合を見て、私は、
あの華麗なボレーとステップワーク、
切れ味鋭いバックハンドに魅了され、エドバーグのファンになってしまいました。

 
私自身もテニスを少しだけやっていたのですが、
当然私のラケットはエドバーグと同じ、
黒いボディーに茶色のグリップのウィルソンプロスッタッフを使っていました。

そんなに頻繁にテニスをするわけでもなかったのですが、
同じラケットを持ち、気分だけでも
芝の貴公子になりたかったのです。

実際には、近郊に芝のテニスコートなどもありませんでしたし、
エドバーグのようなスピード感でネットに
出ることもできなかったので、あくまでも気分だけではありましたが…。

 
[ad#ad-1]

 

エドバーグトベッカー、勝利の行方は?

 
当時のベッカーは下馬評でも断トツの優勝候補であり、
1988年の時点では、エドバーグよりも1歩も2歩も
先を行っていたような印象がありました。

 
しかし、1988年の決勝では、エドバーグが
ベッカーを破ったのです。

このことにより、一躍ライバルに躍り出た印象を持ちました。

 
そして、翌年はベッカーが雪辱しました。

 

Edberg v Becker – 89 W F (1/6)

 

しかし、3度目の対決となった1990年の決勝はまた壮絶なもの!

エドバーグが2セットを先取するも、次の2セットを
ベッカーが取り返し、最終セットもベッカーが先に
エドバーグのサービスをブレイクしました。

エドバーグにしてみれば絶体絶命のピンチになるのですが、
エドバーグはここから挽回し3度目の対決を制したのです。

 
ややもすると、そのプレースタイルや線の細さから
うまさは目立つものの、力強さや泥臭さといったものが
ないような印象を与えていたエドバーグですが、

この年の決勝の逆転劇によって、テニス界に
確固たる地位を築いたのではないでしょうか。

 
その後、長らくランキング1位だったレンドルから
1位の座を継承したのはエドバーグでした。

 
この3度目の決勝以降、エドバーグは
ランキング1位として絶頂期を迎えますが、

ライバルのベッカーはグランドスラムのタイトルも
全豪オープンの1度だけとなり、どうしても勝ちきれない試合が続いてしまいます。

 
永遠のライバルとなった2人の、まさに分岐点ともなった試合で、
長いウィンブルドン史上でも、私の中ではNO.1の試合となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました